日本酒の味や香りの表現の仕方【日本酒を飲むときに気にする3つの事】

日本酒

こんにちは。

 

日本酒を飲むけど味が分からない。と思ったことはありませんか?

 

日本酒の表現方法を知れば、自分がおいしいと思っているお酒をどこがおいしいのか説明することができます。

日本酒をまだ飲んだことがない人も、香りや味の表現方法は自分の好みを知る手掛かりになると思います。

 

しかし、日本酒の香りや味は、複雑に混ざり合っているため、どう表現したらいいのかわからないと思う事も多いと思います。

 

今回は複雑になっている日本酒の香りや味を分解しそれぞれのつかみ方から表現の仕方を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

日本酒の味を分解してみる

日本酒の味を深く知っていくためには、日本酒の香りや、味を分解してみることでわかってきます。

ただ、日本酒は複雑な香りや味なので、日本酒の味を理解するのは難しいものです。

わたしも、この味なんだろうと思う事がよくあります。

そのときに日本酒を分解して香りや味を意識して飲んでみると、どういう味なのかが分かってきます。

 

どんな香りや味をどれほどキャッチできるかは個人差もあります。

飲む人によって、このお酒は甘く感じたり、違う人が飲めばそんなに甘く感じなかったりします。

自分がどんな味や香りを感じやすいかを知ることも大事になってきます。

 

自分のおいしいを知る

最初は深く考えないで自分の感覚を大事にして自分がおいしいと思う日本酒を飲むことが大事です。

自分の中で「おいしい」「おいしくない」と評価したお酒は、どこんなとこがおいしくて、どんなとこがおいしくないかがあると思います。

この記事を見ながら日本酒を分解し、どこが自分の中の「おいしい」「おいしくない」を分析していけたら日本酒を飲むことがもっと楽しくなるはずです!

 

分析をするためにまず日本酒というものを「香り」、「味」、「バランス」と大きく3つに分けてみます。

これを別々に分けて感じ取り、意識するだけで日本酒の違いが分かってくると思います。

それではそれぞれのつかみ方と種類を説明していきたいと思います。

 

香りをつかむ

日本酒を飲んで、自分の好みを判断する大きな要因の一つである「香り」の種類とつかみ方を説明していきます。

香りの種類

日本酒の香りの種類は大きく分けて8つに分かれています。

いきなりそんなに紹介されてもわけわかんないですよね。

なので今回は日本酒のいい香りとされるものを分かりやすく抽象的に4つにまとめて説明します。

 

華やかな香り

 

主に吟醸香と呼ばれる香りです。フルーティーでリンゴ(カプロン酸エチル)やバナナ(酢酸イソアミル)といった果物のような香りが特徴です。主に大吟醸によく香り、揮発性が高いので、温度が低くても良く感じることができます。

 

 

爽やかな香り

 

グレープフルーツやライムのような柑橘系の香りや、スギやひのきやミントといった草や木のフレッシュのような香りが特徴です。主に生酒やしぼりたてで香ることが多いですね。

 

 

ふくよかな香り

 

米や麹や甘酒などの香りで、穀物を連想されるような香りが特徴です。主に純米酒や本醸造酒で香ることが多く、燗酒にしても良く香る香りです。

 

 

熟成した香り

 

お酒を長期間寝かせておくと変化する熟成香と呼ばれる香りです。カラメルの様な甘い香りから、スパイスやコーヒーの様な独特の香りが複雑に混ざり合った香りです。お酒が酸化されると出る「老香」という劣化臭と似ています。

 

 

大きくこの4つが日本酒のいい香りとされるものです。

 

お酒の良い香りとして4つに分けましたが、劣化することで出る香りもあります。

 

 

劣化した香り

「老香」と呼ばれる時間の変化で出る、たくあんの様な香りや、「火落ち」したときに出る、ヨーグルトの様な香りがしたら注意が必要です。ただし飲めないわけではないので安心してください。

 

 

瓶詰されて時間軸で出るものから、日本酒の製造過程ででるものまでいろいろあります。

自分の好きな香りを見つけて、表現をしてみてください

 

香りのつかみ方

日本酒を飲んだ時に香りを感じるポイントは2つあります。

口に含む前にグラスから香る「上立ち香」と、口に含んでから口の中から香る「含み香」とがあります。

 

主に口の中から香る「含み香」のほうが香りはつかみやすいです。

少し行儀が悪いかもしれませんが、口に含み、口から空気を吸い舌の上で転がしてみると、香りが分かりやすいですよ。鼻に抜ける香りを意識します。

 

他にも、グラスの形や、温度でも香りの感じ方も微妙に違ってくると思います。

 

味をつかむ

香りをつかむことができたら、次は味を分解してみます。

味にも自分の好みの味はありますよね。

この自分の好みの味についても表現をしていきましょう

味の種類

日本酒の味は主に「甘味」「酸味」「旨味」「苦味」「渋味」5つからできています。

この5つの味の強弱やバランスで日本酒の味が決まってきます。

 

日本酒には甘い、辛いを評価する日本酒度というものがありますが、日本酒に辛味はありません。

わかりやすく言うと、「甘い」か「甘くないか」の指標です。

なので辛口の酒は甘くない、いわゆるドライなお酒という事を頭に入れておいてくとイメージがつきやすいと思います。

 

味のつかみ方

味わうときに意識することを3つに分けてみました。

 

 

甘いかどうか

 

日本酒のラベルに書いてある日本酒度は信用してはいけません。あくまで目安にし、甘いかどうかは自分で決めてみてください。

 

 

それぞれの味の濃さ

 

今度はそれぞれの味のバランスや濃さを気にしてみましょう!表現するときの言葉には、「コクがある、ない」「重い、軽い」「どっしりした味」「しっかりした味」「味幅」などの言葉があります。

 

 

味のきれいさ

 

最後に味が残るかどうかを気にするといいですよ。表現する言葉には、「雑味」「後ギレ」「角がある、ない」「なめらか」などの言葉があります。

 

この3つを気にしてみることで、味の分解がしやすくなると思います。

 

香味のバランスをつかむ

最後に香りと味のバランスを感じてみます。

香りが強く、味が薄かったり、逆に香りは弱いけど味がしっかりしてる。というようなお酒はバランスがいいとは言えませんよね。

 

香りと味が口に含んで心地の良い強弱を探してみてください。

香りと味のバランスでお酒の一体感が生まれてきます。

「まとまりがある」「バランスがいい」などと表現します。

まとめ

どうですか。日本酒の味や香りが少しわかってきましたか?

飲んでみておいしいかどうかが一番大事ですが、どこがおいしいまで説明できるようになれば日本酒をもっと楽しめると思います。

1種類だけだと比べる相手がいないので、飲み比べをし、2種類並べて飲んでみるのも味や香りを比べることができるので面白いですよ。

 

以上です。

コメント