一人飲みのすすめ!楽しみ方から入りかたまで徹底解説!

日本酒

こんにちは。

 

最近一人飲みをすることが多くなってきています。。

そのことを人に言うと

「一人で飲んで楽しい?」

「一人で飲みながら何してるの?」

「一人で飲みに行きたいけど行く勇気がない」

とか言われることが多々あります。

 

是非この記事を読んで、一人飲みの楽しさと一人飲みをする一歩の踏み出し方を知ってもらえればと思います。

 

スポンサーリンク

一人飲みの良さ

よく「一人で飲むとき何してるの?」、「何が楽しいの?」って聞かれることがあるんですけど、特に特別なことは何もしてません

普通にお酒飲んで料理を食べて帰るだけ。一人でこの自由な空間を楽しんでいます。

 

お酒を飲むときに、大勢でいろんな話をしながら飲むことも楽しいですが、

一人で飲むということも楽しいんです。

 

一人飲みをするときに楽しみにしている事は人それぞれ違うと思います。

初めに皆さんに楽しみ方を知ってもらうためにどういう楽しみ方があるのかご紹介します。

 

自由な時間を過ごせる

私が一人で飲むというときに一番大事にしていることがこの「自由を楽しむ」ということ。

行きたい店があったり、お酒が飲みたい気分だったりしたときに

一緒に行く人がいないと行けないとか、他の人に自分の行動に制限がかかることがもったいないと思っているので

行きたいと思えば行くし、飲みたいと思えば飲むんだ!と思っています(笑)

 

お店に行って何を頼んでもいいし何を飲んでもいい。他の人に気を遣う必要はないですからね。

 

好きな時に寄れて、好きなものを頼み、好きな時に帰れる。

こんなに素敵な時間は一人でしか味わえません!

 

お酒や料理の味と向き合える

私は日本酒が好きなので、基本的に日本酒が置いてある居酒屋やバーに一人で行くことが多いですが、

一人で飲むときと大勢で飲むときとでは味の感じ方が違います。

 

複数人と来たときは会話がメインになりがちなので、料理の味や、お酒の味は

「あのときのお店美味しかったなー」ではなく、「あのときは楽しかったなー」

という記憶の場合が多いですね。

 

一人でゆっくりと行くときはお酒や、料理の味を楽しみたくて行っているので、お酒の味や料理の味を覚えています。

なので、自分の好きな味や、好きなものを開拓するいい機会になります。

 

コミュニケーションを楽しむ

一人で飲みに行くとだいたい店の人や、隣に座っている人や常連の人と盛り上がって仲良くなるという事が多々あります。

 

例えば僕の場合だと日本酒を飲みながら日本酒の話をすることが好きなので、

自分からはあまり話掛けないほうですが、話しかけられるとすぐ盛り上がっています(笑)

日本酒だけじゃなく、同じ趣味の方と意気投合したり、普段会うことがないような人の話が聞けたり、

時には心にときめく人がいたりと、いろんな人と話すことで世界が広がるような気がして僕は好きですね!

 

ただ、楽しむ目的は皆さん違って、ゆっくりと一人の時間を楽しみたい人もいるので、

他の人への配慮は絶対に忘れないでください!

 

スポンサーリンク

店の入り方

じゃあ実際に楽しみたいと思っているんだけど、

「お店に入るのにちょっと勇気がない」

っていう人もいると思います。

実際自分もそうでしたし、今でも「入りたいけど、、入りずらい、、」って店の前を行ったり来たりすることもあります(笑)

そういう一歩を踏み出すための方法を紹介したいと思います

 

一人で居酒屋に行くというハードルを下げる

一人で居酒屋に行くっていうのはハードルが高すぎる!って思っている方は

最初に立ち飲み屋や、角打ちなど気軽に入れるところへ行くのをおすすめします!

角打ち(かくうち)とは、酒を販売する酒屋の中で立ち呑みを行うことです。

そういうところに来ている人は大体一人の方が多いですし、1杯、2杯飲んだらすぐ帰るって人がほとんどです。

あと値段が安いので気軽に入って飲んで帰ることができます。

 

居酒屋の雰囲気を見る

ゆっくりと自分の時間を楽しみたいという方は居酒屋や、バーなどをおすすめします!

 

そして外から見て賑わっているところに入ってみてください。

ガラガラなお店だとお店の人とマンツーマンでお互いに気を使ってしまいがちなので、

賑わっているお店のほうが自分の時間をゆっくりとれる事が多いです。

 

あとカウンターがあるお店というのは一人のお客様を想定している店なのでカウンターがあるお店というのも選ぶポイントの一つですね

 

勇気を出してとりあえず入ってみる

お店が決まれば、勇気をもって一歩を踏み出しましょう。

この一歩が絶対にお店を出た後に楽しかったと思える一歩になるはず。

居心地が悪ければ、一人なので一杯だけ頼んで出てもいいのです。

とりあえず、やってみようの精神で行きましょう!

 

一人飲みで気を付けること

自分もお店にもここにきてよかったと思うために、一人でもマナーはしっかりと守りましょう

一人で飲むからこそ気を付けることもあります。

 

飲みすぎないこと

これは当たり前のことですが、一人で飲むときに一番気を付けないといけないことは飲みすぎないこと。

 

「気持ちよく飲み、気持ちよく酔い、気持ちよく帰る」を楽しんでいるのに

一人なのに飲みすぎて気持ち悪くなれば本末転倒ですし、一人なので自力で家まで帰らないといけません。

一人で飲むとお酒のペースが速くなりがちなので、自分の思っているよりも酔いが回ると思います。

そのためにも意識してお水を飲むようにしましょう。

 

他の人の配慮も考える

一人で飲みに行って多いのがこの問題です。

上にも書きましたが、一人飲みをする目的は人それぞれあるはずです。

ゆっくり楽しみたい人もいれば、コミュニケーションを楽しみたい人もいます。

そのお互いの時間を楽しむためにも、自分の意思を丁寧に相手に伝えることがトラブルを起こさない大事なことです。

 

まとめ

誰かと一緒じゃないと飲みに行かないという人は、たまには一人でお店で飲むということも楽しんでくれたらと思います。

一人で飲みに行くことで自分が人生の大きく変わるキッカケになることもあります。

是非皆さん、マナーを守って一人飲みを楽しんでください。

 

コメント