【奈良県】風の森(かぜのもり)アルファ タイプ3を飲んでみました

日本酒

こんにちは。

 

今回はこのラベルから現代的な日本酒感が伝わってくる

奈良県の油長酒造株式会社から

【風の森(かぜのもり)アルファ タイプ3】を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お酒の香り、味わいは?

この風の森のアルファというシリーズは独創的な技術で新しい日本酒を造られていて、お酒の味わい自体もモダンな味わいのお酒というイメージですね。

他のアルファタイプも飲んでみるのも面白そうです。

タンク内でお酒と酒粕を分離したり、いろいろと新しいことをやられている酒蔵さんで飲んでいても飽きないですよね~!

スタイリッシュなラベルからも現代的感が伝わってきます!

 

海外輸出を考えた生酒らしい火入れ酒

この風の森アルファタイプ3は、海外輸出を考えたお酒で、海外のお客様にもしぼりたての味わいを楽しんでもらいたく、火入れ酒なんだけど生酒の様な味わいのお酒だと裏ラベルに書いてあります。

確かにできたてを楽しめる生酒だと、手元に届くまで時間のかかる海外輸出はではできませんからね!

もう栓を開けた瞬間「ポンッ!!」とガス感が伝わってきます!

 

超硬水を使用したシャープで切れのある味わい

一口含むとシュワシュワとしていて本当に火入れ酒なのかと思わせるほどフレッシュでキレのある味わい!

風の森の特徴と言えばなんといってもこの硬度214㎎/Lの仕込み水で仕込まれたシャープでキレのある味わいですね。

その特徴がこのアルファタイプ3の火入れ酒でもしっかりと出ています。

 

お酒の硬度で味の変化があることを詳しく解説している記事もあるのでこちらも読んでみてください

時間が経つとまた違った楽しみ方も

最初飲んだ時ガス感もあったせいかシャープでキレがあり、ドライな感じか全面に出ていたので、ちょっと寝かしておいても良さそう、と思ったので3か月ほど冷蔵庫で寝かせてみることに。

寝かせてみると、、うん!また違った味わいが楽しめる!

お酒自体が落ち着いて、日本酒本来の旨味や甘みが引き立ってきました!

最初に飲んだ時もおいしかったけど、これもこれでおいしい!

 

この記事を書くときにホームページを見ていたら蔵自体も推奨してますね。

風の森は1瓶で2通りの味わいをお楽しみいただけます。

炭酸ガスがあるとき

開栓直後の風の森は、もろみ発酵由来の自然の炭酸ガスが溶存し、口に含んだ時にプチプチとしたフレッシュ感を感じさせる、優しい発泡感を楽しんでいただけることがあります。

炭酸ガスがなくなってから

時間をかけてお酒を飲み進めるうちに、数日経ちますと、開栓直後に感じられた自然の炭酸ガスは消失し、風の森が持つお酒本来の美味しさをお楽しみいただけます。お米由来の豊かな味わい、うまみ、甘みと、酵母が造り出した、果実のような香りや酸味を存分にお楽しみいただく事が出来ます。
炭酸ガスはあくまで副産物です。炭酸ガスが十分に含まれている間はお酒本来の味わいが分かりにくい事もあります。是非一度、炭酸ガスが消失した後にゆっくりと時間をかけてお楽しみください。

引用元:風の森の楽しみ方|油長酒造株式会社

スポンサーリンク

まとめ

開けたてはフレッシュでキレのある味わいが、開けて少し置いておくと、お酒本来の旨味と甘みが出てくる、時間の変化が楽しめて、2度おいしい楽しい一本でした。

寝かせた後のお酒は燗にしてみても良さそうですね!

フレッシュで軽快なお酒が好きな方におすすめです!

 

・香り    :★★☆☆☆

・味     :★★★☆☆

・飲みやすさ :★★★★

 

お酒のスペック

名称 風の森(かぜのもり)ALPHA TYPE3
特定名称 純米大吟醸
精米歩合 50%
使用米 <広島県産>八反錦100%
アルコール度 14度
日本酒度 非公開
会社名 油長酒造株式会社
価格 1,800円/720ml

 

コメント