【岡山県】喜平 雄町の雫 純米大吟醸 を飲んでみました

日本酒

こんにちは。

 

今回は静岡に本社を置く岡山の蔵、

平喜酒造株式会社から

【喜平 雄町の雫 純米大吟醸】を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

喜平 雄町の雫 の香り味わい

平喜酒造といえば、「喜平」「新婚」「将軍」「鯨正宗」といったブランドを持っていて地元で愛されるお酒を造っている蔵です。

 

この蔵は機械化が進んでいるんですけど、昔の製法も大切にしていて、このお酒は昔ながらの手作りで造られたお酒なんです。

 

結構昔ながらの旨い酒という硬派イメージがあるんですが、その中でも雄町の雫は時代に合わせた雄町のお酒という感じでした。

 

雄町サミット優等賞受賞

この雄町の雫は2019年7月30日に開催された「雄町サミット」で吟醸の部で優等賞を受賞しています。

 

幻の酒造好適米とされる「雄町」といえば岡山が発祥の地なんですが、

この雄町サミットでは「雄町」を使用した日本酒が日本全国から集結し、215点もの雄町のお酒の中から選ばれたお酒というわけなんですよね。

 

「雄町」の特徴である「うまみ、ふくらみ、なめらかさ」から評価され、全体的にバランスの取れたお酒が受賞されているそうです。

 

コストパフォーマンスがいい

なんといってもこのお酒はコストパフォーマンスがめちゃくちゃいいんです。

4合瓶で雄町の40%純米大吟醸で、2,214円と安い!

 

値段だけでなく味の方も、文句のつけようがなく、

雄町ならではのしっかりとしたなめらかな味わいもあり、香りも味に負けないぐらいしっかりとしたフルーティーな吟醸香が香ってきます。

 

さらに無濾過で一回火入れということで無濾過での味の濃さと、火入れをしているので全体的に落ち着いた表情も楽しめるお酒でした

 

おすすめな飲み方

このお酒のおすすめな飲み方は、もちろん冷やして飲むのがおいしいのですが、

冷蔵庫から出して5~10分後ぐらいがちょうどいい温度ですね。

 

それぐらいのほうが味にも香りにも角が取れて丸みが出てきて、スーッと入っていくような味わいになります。

 

是非飲む機会があれば試してみてください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

値段も純米大吟醸としてはお手ごろな値段でしっかりとうまい味わいが楽しめるお酒でした。

味がしっかりとあり、香りも負けないくらいしっかりとある。

とてもバランスのいいお酒でした。

 

・香り    :★★★★★

・味     :★★★★★

・飲みやすさ :★★★★

 

 

スポンサーリンク

お酒のスペック

名称 喜平 雄町の雫
特定名称 純米大吟醸
精米歩合 40%
使用米 雄町
アルコール度 16度
日本酒度 +1.5
会社名 平喜酒造株式会社
価格 2,214円/720ml

コメント