日本酒ネット通販の活用法【おすすめのネットショップ】

日本酒

こんにちは。

 

わたしはよくツイッター(@sakemasa24)で日本酒の情報や、他の人が飲んでいる日本酒をよく見ているのですが、皆さん美味しそうに飲んでいるのです。

他の人がこれおいしいと飲んでいる日本酒って飲みたくなりますよね。

でも、私の住んでいるところに大きい酒屋もないので、有名でレアな銘柄や、飲みたいと思った日本酒が近くにないということがほとんどです。

そのときにネット通販を活用して日本酒を買っています。

 

今回は日本酒をネット通販で買うときのポイントをおすすめのネット通販サイトと合わせて紹介したいと思います

 

スポンサーリンク

ネット通販で日本酒を買うポイント

ネット通販で日本酒を上手に買うポイントをいつもわたしが買うときに気にすることとして、まとめました。

 

ネット通販で日本酒を買うメリットとデメリット

ではまずなぜわたしがネット通販で日本酒を買うのかという事をメリットとデメリットの視点から紹介します。

 

種類豊富な日本酒を家で買える

日本酒に限らずネット通販を利用する大きな理由はこの自分の家で買えることですよね。

さらに言えば、地方に住んでいる方だと近くに自分の欲しい銘柄がなかったりするので、種類が豊富なネット通販に頼るしかなくなります。

 

レアなお酒が買える

大勢の人がおいしいと言っている有名な銘柄はやっぱり一度は飲んでみたいですよね。

他地方の有名銘柄をを買うことができるのもネット通販の強みです。

ただ、ネット通販ショップの中には店頭限定販売として売られていることもあったり、~~円以上お買い上げの際に販売する、抱き合わせ販売で売られているところもあるので注意が必要です。

わたしがネット通販を利用するときは大体これなことが多い気がします

 

いろんなお酒の種類を知れる

日本酒は季節によってさまざまな種類の日本酒が出ています。

ネット通販サイトを見ているだけで、新入荷されたお酒の情報がどんどん更新されていくので、「ここの蔵こんなお酒もあるんだ!」と新しい情報や発見を知ることもできます。

 

送料がかかる

逆にデメリットとして挙げられるのがこの送料ですね。

場所にもよりますが送料が大体800円ぐらいで生酒を買ったときはクール便で送ってもらうことになるので、合わせると1000円ぐらいの送料がかかってしまうことになります。

ただ何円以上買った場合や何本以上買った場合は送料が無料になるところが多いので、うまく活用してみるといいですよ。

 

プレミアム価格がついていることがある

ネット通販で有名銘柄を買うときに多いのですが、十四代などなかなか手に入らないお酒だとプレミアム価格になっていることがあります。

こういうお酒を購入するさいは、他でも手に入らないか、保存状態は大丈夫か、十分注意して、この価格で納得できるなら買いましょう。

ネット通販で十四代は定価で売っているところはまずないとおもいます。十四代欲しい…

 

ネット通販を上手に利用する方法

わたしがネット通販でお酒を上手に利用する方法をいくつか紹介したいとおもいます

 

・送料があるため3種類以上まとめ買いをする

やっぱりネット通販で利用するさいに一番気にするのが送料ですよね。

自分の冷蔵庫やお財布と相談して送料無料になるまでまとめ買いをするか、そんなに買えないという方は最低でも3種類ぐらいまとめて買った方がお得です。

 

・ほしい銘柄をいくつか挙げる

「ここの銘柄おいしかった」とか「この銘柄飲んでみたい」と思う銘柄をいくつか決めておきましょう。

ネット通販サイトに行って、商品を見たり、ツイッターやレビューサイトで他の人が飲んでいる感想をみていくつか挙げてみるといいと思います。

ラベルのデザインで判断するのも面白いと思います。

 

ほしい銘柄の組み合わせが多いネットショップで買う

ネット通販ショップでは、同じ銘柄を取り扱っているところや、銘柄による種類の多さも違ってくるため、欲しい銘柄があるネット通販ショップをいくつか見るといいですよ。

欲しい銘柄の組み合わせがあるネット通販ショップで買いましょう!

 

メルマガに登録する

多くのネットショップはメルマガがあります。

定期的に日本酒を買いたいっていう方はもちろん、登録したショップで買う予定がなくても、日本酒の最新入荷の情報が知れたり、突発的にメルマガ限定でレアなお酒を売ったりするところもあるので、活用してみるといいですよ。

 

ネット通販で買う注意点

ネット通販で日本酒をかうさいに気を付けないといけないこともいくつかあります。

 

保存状態が分からないため、信頼できるお店で買うこと

実際に行って買うお店と違って、どうやってお酒を保存しているのかわかりません。

保存状態が分からないとお酒が劣化している可能性もあるので、購入した人のレビューや、実際に直接聞いてみるといいと思います。

 

プレミアム価格がついている場合があるのでお酒の価値を理解する

有名な銘柄だとプレミアム価格がついていることがあるので、そのお酒が元の値段がどれくらいのかを知っておくのも大切です。

 

生酒の場合はクールで送ってもらう

常温に置いておくと味や香りが変化しやすい生酒はクール便で送ってもらいましょう!

大体のネット通販ショップでは、生酒を買うとクール便で送ってくれます。

ですが、たまに自分で選択することがあるので、生酒を買うときにはクール便で送ってもらうよう注意が必要です。

 

なるべく早く受け取り、冷蔵庫で保存する

送られてきたお酒はなるべく当日に受け取り、冷蔵庫で保存するようにしましょう

 

スポンサーリンク

わたしがよく利用するおすすめのネット通販ショップ

完全にわたしの好み丸出しですが、紹介したいと思います(笑)

日本酒専門店 カネセ商店

「鍋島(なべしま)」や「ちえびじん」といった有名銘柄が買えるお店です。最近じわじわと名前を挙げている「あべ」も取り扱っています。

その他にも日本酒を選ぶときに参考になる基準として、冷酒向け、フレッシュ感あるタイプである「モダン」と、お燗との相性も良く、落ち着きあるタイプである「クラシック」と大きく二つに分けられています。

その中でも味わいの濃淡で3つに分け、計6つの基準で日本酒を選ぶときもわかりやすいお店です。

合計金額が20,000円以上のお買い上げで送料が無料になります。

 

ワインショップ沢屋

人気銘柄である、「花陽浴(はなあび)」が定価で買えるお店です。

「雨後の月(うごのつき)」や、「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」、「五橋(ごきょう)」も取り扱っています。

他にもゾンビ酒や萌酒といった面白いお酒も置いてあります。

 

酒専門店 鍵や

「風の森」「高千代」「鳳凰美田」などが買えるお店です。

当店では、蔵元より出荷されたお酒は、大津港にある旭洋冷蔵にて保管しております。
室温は0度で冷暗所となっております。
倉庫の中身は雰囲気のある木造造りで、広大な敷地(数百坪)で一定温度にて保存管理されております。

引用元:酒専門店鍵やについて

と書かれてあり、品質管理についても安心して買う事の出来る酒屋さんです。

まとめ

ネット通販を活用して日本酒を買うことで、いろんな日本酒を味わう機会が増え、楽しむことができると思います。

また日本酒を買って家でいろんな種類を飲み比べるのも面白いですよ。

是非皆さんもネット通販の特徴を理解して日本酒を楽しんでください!

 

以上です。

コメント